スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

あの世通信

 ミニかずぽちゃんと一緒に20時すぎに寝てしまったら、2:23に目が覚めた。
そして、次に目覚めたのが2:58。
その間ダンナの夢を見ていました。
彼が深夜倒れたのがちょうどその時間。

今日はちゃんと会話できたのが嬉しかったな。
昨日は昔の職場の方々とランチ会をして、ダンナの話とかしたし、それで出てきたのかな?


内容は・・・

葬儀も終わり、納骨も済んだのに、なぜか隣で寝ている(死んでる)ダンナ。
私がどうしようと思って調べようとしてたら、背伸びして起きるダンナ。

「死んだんじゃなかったの?」と聞いたら、なんか言ってました。(もう忘れた)
これからどうしたらいいのか?聞いたら教えてくれました。
いくつか教えてくれたけど、今覚えているのは一つだけ。

NLP
BかVがついたような気もするけど、私が「○○(ダンナの名前)が勉強してたやつ?」と聞いたら「そうだ」と言うので、多分それだと思う。
remote viewingかもしれないな〜。Vつくし。
でも、それはあんまりやりたくないんだな〜。
今、教えてないと思うし、1人じゃできないし。

RVできたら、確かに過去の夫に会えるだろうし、死の瞬間のことも分かるだろうけど、多分今回のメッセージとは違うような気がするな。

他にも忘れないように書いとくねとサミットのチラシ(何でチラシかは不明だし、サミットのなんかよりもっとメモした内容を覚えておきたかったわ〜)に書いたけど、忘れました。が〜ん。。。

そして、チョコクリームが入ったふわふわのパンを食べたら起きました。


謎の夢だったけど、久しぶりに会えた夫は多分、数年前の感じ。
夢にもいなかったけど、ミニかずぽちゃんがいない頃の彼だったように思います。
NLP勉強してた頃の彼だったのかな?2005年くらいだったかな〜?

私にもNLP勉強しろってことなのかな?
勉強会に行くのは今難しいけど、ダンナの本くらいは読めるかな?

この日記書くの3回目です。
何回も消えたので、もしかしたら書かれたくなたっかのかも?
でも、記録しておこう。
| YUME | 02:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

告別式、その後のこと

2011年12月27日22:20 mixi日記から 



23日に行われた、夫の告別式には大変多くのかたに参列していただき、心から御礼申し上げます。
また、遠く離れた方々からのメッセージもあり、本当にうれしく思います。

私の今の気持としては、当日の喪主挨拶につきますので、ここに全文を記入しておきます。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ひとことご挨拶を申し上げます。
啓嗣の妻の和惠と申します。娘は志保、3歳8カ月です。

こうして、とどこおりなく主人とのお別れの儀式を終えることができました。
このように大勢の方々においでいただき、そして温かいお心遣いも頂きましたて、主人もきっと皆様にお礼を申し上げる言葉もないくらいに感謝していることと存じます。
本当にありがとうございました。

主人はさる12月18日、就寝中突然苦しみ倒れ、そのまま私と娘の目の前で帰らぬ人となりました。
私が気付いた時には心肺停止状態でしたので、心臓マッサージと人口呼吸をしましたが、いくら呼んでも主人の返事は返ってきませんでした。
解剖はしましたが、詳しい死因は検査を行い、二ヶ月ほどで結果が分かるとのことです。
結果が出ました時には、皆様にもまたお伝えしたいと思っています。

主人は2001年に株式会社○○○○(全公開のため伏字にさせていただきます)に入社させていただき、それからずっとお世話になっておりました。
在職中には会社の皆様方には大変お世話になり、本日の葬儀も社長様はじめ、社員の皆様方のご懇情によりまして、かくも立派に営むことができましたことを大変有り難く思っております。

私達が出会ってから丁度12年が経ちました。
学生、社会人、そして父親という姿を見てきましたが、いつでも、どんなときも常に前を向き、積極的に生きるという信念を持った人でした。
困難を前にしても、目標に向かって物事を成し遂げる強い人でした。

これは、夫が人生の師、先生と仰いでいた中村天風先生の哲学に基づくものであると、私は思っております。
少し、難しい話をいたしますが、お聞きください。

天風先生は、「私たち人間は本来強い存在だ」とおっしゃっています。
それは、私たちのご先祖が代々子を産み、育て、命をもうずっとつなげてきた、
生きて、生きて、生き抜いてきた命の進化の結果が、今の私たち人類であるからです。
ここに生きているというだけで、私たちは力を持っているということです。

又、人がこの世に生まれた理由は、宇宙の進化と向上とを現実化することに努力するという大きな使命があり、人生を積極的に生きることを強くおっしゃっております。

私は、この主人の信念である絶対的積極をもって、生きていることをありがたいと、心から感謝し、常に颯爽として、自分らしく、笑顔を絶やさず、周りの人を楽しませられるような生き方をしていきたいです。

主人の残してくれた『想い』と『娘、志保』を大切に、大切に、
今日が又私のスタートだと思って、家族の絆を大切に、
又、ここに集まっていただきました皆様の思いい感謝して、前に進みたいと思います。

まだまだ若輩ものでありますので、これまでにも増して、ご指導とご鞭撻を賜りますよう、ここに切にお願い申し上げ、ご挨拶と致します。

本日は、寒い中、まことにありがとうございました。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


この1週間、私と志保には本当にいろいろなことがありました。
今まで、他人に預けたこともなかったのに、志保は私がいなくてもお友達の家で楽しく遊んだり、ご飯をいただいたり、お風呂にも入れてもらったり、いろりろな体験をしました。
また、言語がものすごく発達したみたいで、これが3歳の子供かと思うほど、立派に話せるようになりました。

そして、彼女の優しさを身にしみて感じています。
今日は一日、市役所や年金事務所につきあってくれて、途中、お昼やおやつ、待ち時間に図書館に行ったりしましたが、
「ママ、お話するね」と言うと
持参のお絵かきをしたり、だちょうのぬいぐるみ(ストレッチっていう名前、めっちゃかわいいんですよ〜)で遊んだりして、おとなしくしていてくれました。

昔から、本当に手のかからない子で、人前でも私は恥ずかしい思いをしたことなくて、あまりにもいい子すぎて、3歳児検診では大丈夫か?と聞いたほど、いい子なんです。
でも、きっと、この子は今回の父親の死を知っていて、生まれてきたのだと思うし、ずっと私にべったりなママっ子だったのも、私を助けるために生まれてきたのかな感じました。

彼女のこれからの成長を期待し、心から感謝を伝え、ずっといい親子関係でいられたらなと思っています。

でも、頑張りすぎたみたいで、今日は鼻水が出てて、咳もして少し体調を崩しているみたいです。
早めに寝かせたので、ゆっくり休んでくれるといいのだけど。
私も先週からは、朝から電話や来客の対応で喉をやられ、告別式もガラガラの声で皆様にはご迷惑をおかけしました。

それで、「ママの風邪がうつったのかな」
と言ったら、彼女は「いいんだよ」と笑顔で即答しました。
なんだかあまりの大人びた発言に泣きそうになり、抱きしめてしまいました。

あんな小さな体で、すべてを悟り(パパは死んだってことは、分かっているみたいです)、私を守り、私は彼女に何をしてあげたらいいのか。
母、娘という関係だけでなくて、人間として本当に素晴らしい子だと思います。
私も全身全霊で、彼女を守っていきたいと思います。


私はあまり音楽を聞かない人だったのですが、先月iPhoneに強制的に機種変更させられ、夫ipodの曲が入っているのですが、聞くと私へのメッセージがつまっているようで、泣いてしまいます。
勇気づけられたり、力になってくれる歌もたくさんあり、ああこれが彼の遺言なのかなと感じています。

夫はいなくなってしまったけれど、これからもずっと、私や娘を見守ってくれて、いつか私があの世へ行った時は、一番に迎えてくれるのではないかと思います。
夢に出てきて、いろいろ教えてくれたらいいなぁ。

人が死ぬと、残された人は不安になり落ちこみ、精神的に不安定になります。
でも、大丈夫。大丈夫。
私は一人じゃないし、こうしてたくさんの人に支えてもらっています。
感謝の気持ちを忘れずに、最期の時を迎えるまで、悔いのない人生を歩いていきたいです。
本当に、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
| YUME | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

お通夜

2011年12月23日05:18  mixi日記から 


本日は、夫のお通夜でした。
4日ぶりに会う夫はすっかり冷たくて、カチカチでした。
でも、手を握ってみたらふんわりしているところがあって、しばらく触っていました。

私は彼の手が好きでした。
あんまりゴツゴツはしてなくて、スマートな感じ。

先週おふざけで測ったとき116センチもあったお腹は、棺の中に入ってしまえば、ドライアイスが乗っているのも手伝って、あんまり目立ちませんでした。

棺のなかには夫の好きだったチョコレート、とっても汗かきでいつも2つは持ち歩いてたハンカチタオル、いつも着てたジャケット、私の手編みの靴下を入れました。
明日は夫が志保と一緒に買ってきて、ベランダで育てているお花も入れたいなと思っています。

お焼香には私の友達もたくさん来てくれて、本当に感謝しています。
久しぶりの顔もあり、ほろっとなりました。

志保はずっと式に参列し、抱っこはしていたけれど、落ち着いていて、お坊さんのお経にあわせて、いろいろとブツブツ言っていました。

明日の夜には、志保のクリスマスプレゼントが届きます。
今日、アマゾンの履歴を見ていたら、私と話してた以上のはるかに大きなものが書いてあり、親バカだなーと思いました。

なんか本当にサンタになって、窓から帰って来ないかなー?
大きな袋にブレゼント入れて、きっとあのお腹ならサンタ姿もぴったりだろうな。

明日は骨になってしまうから、なんだか本当に寂しいです。
もう触れられなくなるのが、哀しいです。

今日の午前中、志保と祭壇のお供えを買ったのだけど、こんなおかしばっかり食べてたら、そりゃー太るよね。
皆様には本当にお身体を大事にしていただきたいです。

今夜は夫は式場において帰ってきてしまったけど、泊まればよかったなー。
今母と妹が泊まりにきていて、さすがに家を開けられないけど、本当はいますぐにでも走って行って、側にいたいです。
なんか引き裂かれているような切ないです。

もうあの体は魂もなくて、ただの入れ物みたいになってしまったけど、でも灰になってしまうのがこんなにも辛いなんて。

今日は気丈でいられたけど、今こんなだと明日は大丈夫かなあ。
まあ、志保みたら母は強くなるのですが。

一人になると、ただただ涙があふれてきて、ああ、私はこんなにも夫を思っていたんだなと、今更になって感じます。
もっと、もっと、愛を伝えなきゃいけなかったのに、なぜ、できなかったのか、私のプライドを憎んでしまう。
なぜ、もっと素直になれなかったんだろう。
なぜ、もっと意固地にならないで、手を握り返さなかったのだろう。

もうあの人は帰って来ない。
もう一緒に好きなドラマや映画を見ることもないし、好きな漫画や本を買ってきてくれたりしないんだよね。

言葉では、嫌だとか嫌いとか言っしまったけれど、今になって、こんな思いが心から溢れてくるなんて、これはやっぱり愛でしょうか。
愛でしょうか。
| YUME | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

夫の死

mixiに書いてた日記から
こっちにも書いておきます
2011年12月19日 朝6時28分に投稿したもの



 突然ですが、12月18日午前4時42分夫が永眠しました。

睡眠中突然苦しみだし、倒れ、そのまま息をひきとりました。

今まで既往症もなく、若く(34歳でした)突然の死だったため、午後に司法解剖されましたが、不整脈による突然死ということでした。

心臓に大量の血液が残っていたそうです。

またかなり太っていたので、脂肪肝。

胃の中に昨夜食べたものがかなり残っていたことも、立ち会っていただいた警察官の方はおっしゃっていました。


娘は昨日3歳8カ月になりました。

とても優しくて、状況の分かる子で、深夜3時ころから起きているにもかかわらず、たいしてグズルこともなく、私にべったりですが、本当にかしこい子です。

だからなおさら、こんなに早く逝ってしまった夫が悔しい。
マンションにAEDが設置されてるけれど、娘をおいて取りに行くのもと思い、119番して、心臓マッサージしたけれど、倒れた時にもう、何をしても無理だったと思いますと警察に人にも言われました。

でも、本当に助けてあげられなくてごめんなさい。ごめんなさい。

昔、夫が占い師さんにみてもらったとき、私と夫は過去生でも、私が病気をしてなかなか治らなくて、夫が働いていろいろ薬を買ってきたけれど、治らなくて死んでしまって、お互い申し訳ない思いでいっぱいで、またこの世界で結婚したと言われたのだと聞きました。

でも、またこの世でも、あなたを助けられなかった。悔しい。


逆に、夫がよく言っていたのは死ぬことは怖いことじゃない。生と死は隣り合わせ。
また生まれ変わるし、死んでも魂は消えないから、大丈夫。

私もそう思っているけど、今一人になってもういない彼を思うと、寂しくて、哀しいです。
もっと、何かしてあげれられなかったのかと後悔の念でいっぱいです。
もっと優しくしてあげられればよかったのに
何か気付いてあげららればよかったのに

いつも仕事で帰宅が遅くて、子育て中の主婦とはあまりかみあわない生活が続いていたけれど、娘ばかりじゃなく、もっとあなたのことも見ればよかったと自分を責めてしまう。

ここ最近はまたおなかが出てきて、私がもっと体重のコントロールとか厳しくすればよかったとか、まあ、言っても聞かないし、毎日お酒+おやつ食べてその生活はもう結婚して変わらなくて。

あなたが重すぎておなかが大きすぎるから、棺も特大サイズで高いのよ!!←9万円(本当は12万安くしてもらった)
運べないから、家(マンションの廊下がL字になっているためストレッチャーなどが通れない)にも連れて帰れなかったよ!!
(今、体は葬儀社の冷蔵庫に入っています。葬儀まで時間があるので特に)

まだ亡くなって1日しかたってなくて、なんだかひどい文章だけど、この気持は忘れたくないから、このくちゃくちゃの気持を少しでも書いておきたいから、ごめんなさい。

あんまり今日は眠れなくて。(3時間ほど眠れました)


明日は夫の実家の菩提寺に行って、戒名など相談してきます。

ちなみに
22日 18−19時 お通夜
23日 11−12時 告別式


でも、mixiの友達とはゆっくり話したいから、落ち着いたら家に来てくれる方がうれしいな。
当日はたぶん親戚一同で私はいっぱいいっぱいだろうから。



夫の死をきっかけに、私の実家とも連絡をとり母と妹が来てくれることになっています。
もう10年以上音信不通に近かったのだけど、電話してやっぱり家族なのかなと思ったり。
でも、夫も自分の命をかけてまで私と母をつながなくてもいいのに。

それともそこまで思いつめていたのかなぁ。

まあでもきっと彼は彼なりにやることはやったのでしょう。
今もきっと近くにいて、クスクス笑っているのかも。

こんな頼りない私だけど、志保と一緒に頑張って生きていこうと思います。
まずは3歳の子どもを大人にしないとね。

でも、あの子の好きなアンパンマンのニャニイの話みたいに、私があの子に守られているようにも思います。

あー、おっぱいって呼ばれました。
やっぱりまだおっぱいあげてて正解でした。
ではまた。
| YUME | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

梦051115

中国か韓国のような雰囲気(あるいは、中国か韓国)の店
店の人とは知り合いか?

買い物をする
何かを探している?
贈り物? 自分の物?
でも、買わなかった・・・

彼と一緒にいる
周りは雑然としている繁華街のよう

彼は何をしたのか?
警察(公安みたいなのかも?)に追いかけられている
一緒に街のはずれに行く
逃げる?

古い街
白い土、壁の建物
舗装されていない道路
人がやたらと多い

夕日(星などの天体系)を見たかったのか、(←昨日の映画の影響か?)
そこはかなり有名な場所らしい
でも、すでに多くの人(印象的なアジア系の瞳)が集まっていて、静かに見られる場所ではなかった

路地を走る
彼が叫ぶ
他の所へも行ったけど、捕まってしまう


とても懐かしい感じがする
以前にも見た、記憶がある場所
でも、なぜここで彼といるのか?
そして、二人はどこへ行きたかったのだろうか?
| YUME | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

梦050220

大地震
電車
瓦礫
グレー
太陽が見えない
恐怖
女性が倒れる
抱きかかえて、郊外方面への電車に飛び移る
何枚もガラスの割れる音
顔の大きな怪物(人が変化したのか?)
襲われる

大学生
マンション
女友達
管理人
部屋が広くなる
アップライトピアノ1台と電子ピアノ2台が増えている
クラシカルな雰囲気
隣の部屋に人が入る
なぜが6部屋くらいある。
ルームシェアをすすめる管理人

実験室
緑色の景色
防護服
鍵のかかる部屋
見張られている
仲間
事故?
敵をだます、逃げたいのか?
皮膚がただれている
薬品を使う
| YUME | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

梦041031

森ノ中ニイタ時、ソレはヤッテキタ・・・
始メハ気ニシナカッタケド
彼は追ッタ。
死人が出タカラ。

ソレは兎ミタイナ形。
蒼ト黒ノマーブル模様デ
口が傘ミタイニ開いて、花ノヨウニナッテイタ。

彼は傭兵。筋肉質デ、神経質。
黒人ノ律儀ナ隊長ト
オカッパ頭ノ小サナ子。

イツシカ、私達はソレヲ追ッテ、高速道路ニ出ル。
ソレは育ッテイタ。
往キツイタ先は住宅街。
数人ニ分カレテ、一軒一軒ソレヲ捜シテイク。
悲鳴が上ガッタ。

イクツ殺シテモ、マダ増エテイル。
回収スル布袋がイッパイニナッタ。

┷┿┰┥╂┸┯┌┫┠┯┨┷┼┃┗┿┻┘┫┨┷┿┰━┴├╋┿┥╂┸



| YUME | 10:01 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
ハンドミキサーでおもしろいほどおいしくできるお菓子
ハンドミキサーでおもしろいほどおいしくできるお菓子 (JUGEMレビュー »)
荻田 尚子
最近、はまっているお菓子の本。簡単に出来るのに、とってもおいしい!!エンゲル係数上昇間違いなし・・・(ーー;)
Recommend
いのちのバトン
いのちのバトン (JUGEMレビュー »)
志村 季世恵
決して、感動モノって訳じゃないのに、何故か涙が出て止まらない本です。すべての人に読んでもらいたいです。
ミニかずぽちゃん動画
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM