スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

『流れる星は生きている』

流れる星は生きている
流れる星は生きている
藤原 てい

『国家の品格』の作者藤原 正彦さんの母親の手記です。
題名からはどんな内容なのか分かりかねますが、終戦時満州からの引き揚げの話です。
感動系の内容かなと思っていたら、内容があまりにも壮絶すぎて、ページをめくる手が止まらず、一気に読みました。

開拓団の方の話などは以前から読んだことがありましたが、藤原さんの旦那さん(故:新田次郎さん)は観象台(今で言う気象台)のお勤めの方で、軍人でもなく、開拓団の方でもない普通のサラリーマンの奥さんの状況に関しては初めてでした。

この本を読んで、終始感じたことは、母は強く、女は弱いということです。
別に男尊女卑とかそういう意味ではないのですが、終戦時のように混乱の中で、利己主義の極みともいうような状況下では、やはり力の強い、権力のある男性にはどう抗うこともできないということです。

いつ日本に帰れるのか分からない北朝鮮の町で乞食のような生活をして、子供を育てる藤原さん。
列車を降りて、徒歩で山河をいくつもいくつも越える状況は、見るに耐えないところがあります。

現在でも、韓国・北朝鮮は戦争時の日本の統治に関して、非常に怒っています。
しかし、この本に描かれている、朝鮮の皆さんはよくしてくれている人も多いです。
なんだか不思議です。

今日は「防衛庁」が「防衛省」になるかもしれない日。
日本がまたファシズムへの道を歩むとは思えませんが、戦争に負けるということはこういうことだという、重要な現実を私達は覚えておかなければならないのだと思う。

誰かが勝つということは、誰かが負けるということでもあります。
私達が勝ったとしても、どこかでこの藤原さん達と同じような気持ちになる人が出てくるということです。
「戦争をしてはいけない」ということの理由は、こういうことなのだと私は思います。



| | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ダビンチコード

ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン, 越前 敏弥

今更ながら、読破。
おもしろいです。
どんどん読めちゃいます。
もっと早く読んでおけばよかった。

なんでか、かずぽは最後感激して泣きそうになりました。
ソフィーよかったね〜ぴかぴか

内容は最近テレビとかでもやってるので、省きますが、最後はこ〜なるのか〜、ソニエール、憎いなぁって感じ。
ダヴィンチの謎解きがメインかと思われているようですが、本当はそうじゃないのね〜。
オプス・デイも気になる団体だし。
シオン修道会ってこんな結社だっけ?って感じもありますが。

ヨーロッパ、行ってみたくなりました見る
小説に出てくる絵とか場所とかを実際見てみたいハート大小
ダビンチコードツアー
リッツとか泊まってみたいなぁ〜ときめき
モンサンミッシェルはしばらく工事に入っちゃうみたいだけど、行きたい〜。

どうやら映画は、原作を読んでいた方が分かりやすいとのことなので、近いうちに映画も見ようと思います。

ダイヤダヴィンチコードのHP→http://www.visitdavincicode.com/
| | 11:08 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |

佐伯チズメソッド 肌の愛し方育て方 ―今までだれも言わなかったスキンケアの新提案50

佐伯チズメソッド 肌の愛し方育て方 ―今までだれも言わなかったスキンケアの新提案50
佐伯チズメソッド 肌の愛し方育て方 ―今までだれも言わなかったスキンケアの新提案50
佐伯 チズ

さすがにね、この年になってくると、体のこととかお肌のこととか、キニナルことが出てくる。
かずぽは比較的、お肌の調子はいい方なのだけど、超乾燥肌なのです。

粉をふく、とまではいかないけれど、洗顔後のつっぱりなんかはかなりキニナル感じ。
お風呂あがりは即、化粧水っていうのが毎日のパターンなのです。

学生時代から、にきびとかはできなくて、日焼けしてもすぐ黒くなるし、肌は丈夫な方でした。
でも、25歳越えてからかな〜、しみとか気になり始めたのは・・・

スキンケアもいい加減で、サンプルとか適当に使っていて、これっていう化粧品も見つけられず・・・

でも、この本よ読んで、どの化粧品を使うかってこと(WHICH)よりも、どうやって使うか(HOW)ッてことの方が大切なんだと教わりました。
・毎日鏡を見て、「キレイになってね〜ラブ」って言うこと、思うこと。
・オイルクレンジングは使わないこと。
・洗顔をしすぎないこと(ダブル洗顔はしなくてよい)
・お肌だけじゃなく、からだの中もきれいにすること。
・パフじゃなくて、指や手を使うこと。

などなど、たくさんのきれいになる方法が書いてあります。
佐伯チヅさんは60歳越えてるのに、シミ1つないんだって!!すご〜い拍手

この中でもローションパックっていうのを私は取り入れてみました。
化粧水をたくさん使うので、自作の美肌水で・・・
これはよいです。
薬局で、カット綿っていうのを買ってきて(7.5cmよりも8cmの方が余裕があっていいい)
      ↓こういうのね。
http://www.kenko.com/product/item/itm_6811181072.html
化粧水でひたひたにして、5枚くらいにはいで、顔にはりつけるのです。
そして、3分。
これはいいです。
もっちもちです。
1週間くらいで、効果がわかります。

女性だけでなく、男性にも是非試していただきたい。
毛穴が開いて目立つ、ってお困りの方も、ローションパックで顔をひんやりさせてみて下さい。
オイリー肌にもいいんだって。

チヅさんの本はたくさん出ているので、どれも参考になります。
最近は、美肌手帳なるもの(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062569698/qid=1139372837/sr=1-10/ref=sr_1_10_10/250-2899472-3409031)も発売されているので、3ヶ月びっちりやるのもよいと思います。

私達は、まだまだ自分の体について、知らないことが多いです!!
体も心も、もっともっ自分を大切にしていてきたいですねラッキー
| | 13:29 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

白夜行

白夜行
白夜行
東野 圭吾

徹夜しても読みたい本!!
とはいっても、それはできなかったので、通勤途中に読みました。
最初は本の厚さにうろたえて、1日考えてやっぱり購入。

ドラマで1話だけ見て、続きがすっごく気になっていました。
でも、ドラマとは少し違うところがあるようですね。
小説だとかなりの登場人物が出てきてるし。

続きがどうなるのか?
この人と雪穂の関係は?
そして、亮司と雪穂はどうつながっているのか?

女性として、素晴らしい活躍を見せる雪穂。
誰もが羨むような美貌と、キャリア。
その影に隠された闇。
光の中を進む彼女の影に、生きている亮司。
でも雪穂もまた、亮司の影として生きている。

小説は淡々と、事実のみが語られていきます。
亮司と雪穂は別々に行動していて、どこでつながっているのかが直接書かれていません。
ドラマはその部分が映像化されているので、そこを期待してまた見ていこうと思っています。

だからか、亮司の「俺、レッド・バトラーになる」というセリフはいいなぁと思いました。
小説の雰囲気を崩さず、いい感じにできていると思います。

ちょっと暗い内容ですが、原作の力は素晴らしい。
殺人という、重い内容を扱っているのですが、いつの間にか
亮司ガンバレ、雪穂ガンバレと思ってしまう自分がいました。

私としては、松本清張の「けものみち」も捨てがたいのですが、こちらは全話録画予約済みなので、また一気に見たいところ。
米倉&仲村ペアの活躍は、「黒革の手帖」依頼なので、かなり期待しているのです。

| | 11:33 | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |

やっぱりこれで運がよくなった!

やっぱりこれで運がよくなった!
やっぱりこれで運がよくなった!
浅見 帆帆子

今回も帆帆子さんらしい本の題名ですね。
いつも見えない世界を分かりやすく書いてくれるので、助かります。
自分自身のメモとして、気になったことを書いておきます。

どうゆうときにシンクロ(シンクロニシティ:共時性)が起こるか?
・毎日楽しい気持ちで過ごしているとき
・家族や友人やまわりの人たちに対して穏やかな気持ちでいるとき。
・余計な不安や心配をせずに、そのとき目の前にあることを一生懸命しているとき。
・部屋(家)や身のまわりが整理整頓されていて、さっぱりときれいなとき
・自分が心から楽しいと思えることに没頭しているとき
・自分の今の状況に感謝していて、すべてのことに「ありがたいなぁ」という気持ちで肯定しているとき


ひらめきなんだかムカツクことが多いな〜と思うときは、そういうことを引いてくるマイナス要因が自分の方にあるのだから、もう一度上記のことを見直して見るべきだと。

ひらめきもし、自分の将来について「何もないなぁ」という気持ちでいても「見つからないときに無理に見つける必要はないし、まだ見つかる時期ではないのかもしれない。どんなことが見つかるのか先が楽しみ♪」という気持ちでいれば、未来が開けてくる。

ひらめき突拍子もないことを思いついたときは、実行してみるべきだそうです。
そのひらめき自体に意味があるのだから、無理のない範囲で、できるだけ早く動いて見ることが、直感を現実に活かすコツ。

ひらめき人生の中でお先真っ暗パクッのような悲惨な事件に遭遇したら、それは前の人生における、カルマとか運命とか言われるものかもしれない。
むしろ、そのようなことを経験することで、私たちは「学び」「気づき」「感じる」ことができる。
だから、嫌な気持ちをチェンジして、前向きに考えましょう。むしろ感謝しましょう。
今までの悪習慣を変えられる、チャンスなのかもしれません。
続きを読む >>
| | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

きょうの猫村さん

きょうの猫村さん
きょうの猫村さん
ほし よりこ

本屋で立ち読みしたのですが、失笑が爆笑になりそうなくらい面白かったです。
どうやら、もともとはネットで公開していたもののようですが、これは本にして正解ですね。
猫好きの人だけでなく、立ち読みでもよいから読んでみて下さい。

「猫村ねこ」:家政婦の魅力がほのぼのと伝わる話です。
猫なのに家政婦
猫なのに日本語を話す
猫なのに、二足歩行
「NECO」ってエプロンに書いてあるよ〜!!
犬神家のおばあちゃんのナゾって何よ〜〜〜〜!?

おせっかいだけど、その真摯な真面目さが伝わるわよね〜。
なんか、今を生きてるって感じがするのよ〜。
あら〜、言葉まで、猫村さんっぽくなっちゃったわ〜。

ああ〜、2巻がキニナルわ〜!!見る
| | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

この一冊で「聖書」がわかる!

この一冊で「聖書」がわかる!
この一冊で「聖書」がわかる!
白取 春彦

かずぽは無宗教ですが、聖書はキニナル本ではあるから、読んでみた。

ユダヤ人は=ヘブライ人=イスラエル人で、ユダヤ教を信じている人がユダヤ人と呼ばれる。
ヘブライ人は遊牧民族で、アニミズム信仰だ。
カナンという土地に定住するようになって、イスラエル人と呼ばれる。

アブラハムは175歳まで生きたらしい。
ヤコブさん・モーゼさん(十戒の人だ)あたりから宗教っぽくなってくるようだ。
イェルサレムを聖地に決めたのはダビデ王。
ダビデ王に排除されたペリシテ人が住んだのが「パレスチナ」

十二使徒はイエズスが死んでも、卑怯者で小心者だった。
っていうか、昔の人はとてもアサハカで、卑怯で、裏切り者が多かった様子。
自分のことしか考えない(生きていくのが精一杯だったからかもしれないけど)人が多すぎますね。冷や汗
旧約・新約通して、それを諌めるための文章が聖書には並びます。

特に前半部分の旧約聖書のあたりまで(1・2章)は、かなり興味深々です。
後半の6・7章は新旧聖書の内容のダイジェストなので、流し読みって感じ。

ただ、聖書を理解するには当時の人々・国などの力関係、政治・経済などを知らないといけないようです。
この本を一度読んだだけでは、聖書を理解したとは言えないくらい、たくさんのことが書かれてあります。

それと同時に、日本人はいかにキリスト教周辺世界のことを知らないかと思い知らされる内容&ボリュームでした。汗
これでは、パレスチナ問題についてもイスラム教過激派についても理解できないのは、当たり前でしょう。見る

宗教は政治や経済とともに、世界の大きな流れを支えている信仰です。
これからの世の中を考えるためにも、私たち日本人はもっと世界のことを知る必要がありますね。
| | 16:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

骨盤教室

骨盤教室―KOTSUKYO
骨盤教室―KOTSUKYO
寺門 琢己

先週末から腰痛再開のかずぽ。
それより前から気になっていた本。「骨盤教室」
最近は、骨盤が閉まっているほうがよいと言われていますが、実際は開いたり閉じたりがスムーズにできるニュートラルさんが一番よいと書かれていました。
また、骨盤は朝閉じて、夜は開くらしい。
体っておもしろい植物

寝る前に骨盤を開く体操をしています。
っていっても、傍から見てると、ほとんど寝てるようなもんなのですが・・・(^_^;)
それをした方がよく眠れるような気もします。

ああ〜、早く腰痛を治さないと・・・
| | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

死体が語る真実

死体が語る真実
死体が語る真実
エミリー・クレイグ, 三川 基好

表紙からして、きてます。はい。^^;
でも、買っちゃいました。読んじゃいました。
内容は、ヘビーでした。
かの有名な「死体農場」テネシー大学のノックスビル校でも学んだ経験をもつ主人公の事件簿です。
続きを読む >>
| | 14:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スター・ウォーズエピソード3 シスの復讐

スター・ウォーズエピソード3シスの復讐
スター・ウォーズエピソード3シスの復讐
マシュー・ストーヴァー, ジョージ・ルーカス, 富永 和子

闇は寛大だ。しかも忍耐強い。そして常に勝利する―
しかし、その強さの核には弱さが存在する。たった一本のキャンドルが、闇を食い止める。
愛はキャンドルよりも強い。
愛は星にすら命をもたらす。
続きを読む >>
| | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Recommend
ハンドミキサーでおもしろいほどおいしくできるお菓子
ハンドミキサーでおもしろいほどおいしくできるお菓子 (JUGEMレビュー »)
荻田 尚子
最近、はまっているお菓子の本。簡単に出来るのに、とってもおいしい!!エンゲル係数上昇間違いなし・・・(ーー;)
Recommend
いのちのバトン
いのちのバトン (JUGEMレビュー »)
志村 季世恵
決して、感動モノって訳じゃないのに、何故か涙が出て止まらない本です。すべての人に読んでもらいたいです。
ミニかずぽちゃん動画
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM